2022/06/26 21:20


6月26日、ついに我が家のツバメちゃんたちが
巣立って行きました…

いつかこの日が来ると
頭では分かっていたつもりでしたが
想像以上の喪失感。

玄関を開けると
昨晩まではあったこの光景が
今夜は空っぽの巣だけになっていました。




昨日と今日の日中と
たくさんのツバメが我が家を訪れていて賑やかだっただけに
余計に寂しく感じてしまいます。

今日は玄関の掃除をしていたら近くの塀に止まりに来たり
お庭でバラのお世話をしていたら
一羽のツバメが地上まで降りて来てくれて
「ずいぶんわたしに慣れてくれたなぁ」
ととても嬉しく思っていたのですが
あれはもしかしたら最後のお別れを言いにきてくれていたのかな。

寂しい反面
「何はともあれ無事に巣立つことができてよかった」
という安堵感と
「みんな、この先も南の国まで頑張るんだよ」
とエールを送りたい気持ちです。

そして今日もまた、親ツバメは頑張って巣の修復を続けていました。
最初に巣を作り始めた頃は
巣材を持ち帰って来ても私が玄関にいると近寄ってこなかったのに
今では「そんなのお構いなし」と言った感じで
わたしがいても素知らぬ顔でせっせと修復しています。笑
その姿が可愛らしくてついつい見つめてしまうのですが
そうするとあちらも気になるのか
時々巣からこちらを見下ろして来たり。
この可愛らしい様子をもう少し側で見ていたいので
二度目も順調にいってほしいなと願うばかりです。


(6/24に撮影したツバメ親子↑)

続きはこちらから。
つばめシリーズ第1話はこちらから