2022/05/20 22:45

こんにちは!
いつもご覧くださりありがとうございます。

今日は久しぶりにアトリエについてのお話です。
この記事で宣言していた材料お引越し、
ゴールデンウィークに実施いたしました!

長年自宅リビングのクローゼットを占拠していた材料たちを
やっとのことで移し変えることができました。

ここまで、長かったなぁ〜…
アトリエを持てることになった時から
いつかここを自分の城に!と思いつつ、
自宅とアトリエでの作業の両立を考えた時に浮かぶ
不安や心配事が足枷になって踏み出せず
気づいたら実に3年の月日が経っていました!驚

はは…はははは…。(*_*;)
さすが優柔不断、思い切りの悪い私…。涙
せっかくなのでその軌跡を、過去の画像を掘り起こしながら辿って見たいと思います!
(こうなったらもうネタだ!笑)


こちらは契約後すぐの2019年6月の様子。

壁を塗装した時のビフォーアフターです。
タカラ塗料さんの「ウルフグレー」という塗料で塗りました。


こちらも2019年6月。

カサカサ気味だった床に、オイルステインを塗りました。
しっとりとしたブラウンになって満足。
右画像のテーブルは、水性ステインで塗装しました。


こちらは2019年8月の様子。

「無い無い無いーーーー!」
と騒ぎながら諦めきれず探し続けていたケビントに、
ご縁あって巡り会いお迎えした時の様子。
イメージにぴったりの二つを見つけたのですが
どちらもガラス棚が無いとのことで、ここで棚問題が発生。

どうしよう…と困っていたら
同じフロア(アトリエを借りているビルはシェアビルです)の方が
ガラス製作会社で働くご友人がいらっしゃるとこのことで
その方にお願いし後日作ってもらうことになりました。

真ん中の画像は、初めてイベントを開催した時の様子。
せっせか材料を運び込んで、準備する時間もドキドキ楽しかったな。

一番右の画像、ケビントにガラスが入りました。
そこから謎の空白期間(4ヶ月)があり…


2020年1月に、新しい家具が仲間入りしました。

アトリエのオーナーさんが家具屋さんを経営されていて
そのつてでゆずっていただいた、ネイビーのベロア生地のソファ。
元は喫茶店で使われていたものだそうです。
なるほど確かに、ゲームテーブルが似合いそうだ。笑
作業に疲れた時など、リラックスできる空間も欲しいなと思い、
ほっこりスペースを設けました。

右の画像は、「ケビントに似合う机を」とお店巡りをして、
数ヶ月かけて出会ったイギリスアンティーク の机と椅子。

この辺りからアトリエで、出来上がった作品の撮影をしたり
パソコン作業をしたりと少しづつ仕事らしいことをやるようになりました。


そしてまたまた謎の空白(こんどは1年4ヶ月。汗)を経て、2022年5月!
ここでやっと、あの時DIYした材料棚が登場します!

左の画像は棚設置時の様子。
「あら?机や椅子が違うじゃない」と思われたでしょうか。
はい、作業のしやすさを優先して変えました。汗
これまで自宅で作業していたときも
作る手を止めるのが嫌で後先考えず
目に止まった材料をかたっぱしから視界に広げ
出来上がった後にハッとわれにかえって
泣きながらカオスな作業場を片付けていた私なので
こちらでもやはり机は大きいに越したことはない!となりまして。

椅子も椅子で、アンティークの木の椅子は可愛くてお気に入りなのですが
作り始めたら出来上がるまで、時を忘れて一気に仕上げるため
「気づいたら一度も立ち上がることなく2〜3時間座りっぱなしだった」
なんてこともしばしばなので
腰痛対策に、座面にクッション性がある椅子へ変更しました。

そして右の画像は、自宅から運び込んだ花材たち。
全部あるうちの2/3くらいでしょうか。
ラッピング等の資材も含めたらこれで全体の半分くらいになります。
それらを一通り棚にしまいこんで…


今ここまできましたー!

右側の棚は、普段使いの花材を収納するスペース。
奥の扉付きの棚は、ストック材料を保管しています。
花材は日光で劣化することがあるので、ストックは扉付き棚で大切に保管。
普段使いのお花の棚も、作業後は遮光布をかけて守るようにしています。
(あ、奥の緑や白のカゴも変えたいかも…)

大方の作品はここで仕上げられるようになり、かなり快適になってきました!
もう少しストック用の収納スペースが必要かなーと感じたのと
書類や書籍を保管する本棚も欲しいなぁということで
現在新たに収納棚&本棚も作ってもらっています。
6月末には納品される予定なので、届いたらまたペンキを塗る予定です。

出来上がったらまたご紹介しますね!^^